--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年07月23日

RailSim向けReShade 0.19.2設定ファイル

※このファイルは古いバージョンです。
最新版(1.0.0)用はこちら

続きを読む

スポンサーサイト

2015年07月23日

ReShadeの導入方法(RailSim版)

ReShadeの公式サイトよりFramework版をダウンロード。


続きを読む

2015年07月23日

テクスチャ方向反転

構文側でテクスチャの向きを変える場合、2Dアフィン変換を使って変形。
TransformTexture = 材質番号, パラメータ, パラメータ...;
水平方向反転
TransformTexture = hoge, -1, 0, 1, 0, 1, 1;
垂直方向反転
TransformTexture = hoge, 1, 0, 0, 0, -1, 0;

2015年07月23日

構文:マテリアルチェンジ

DiffuseはRGBAの順で。
パラメータは0-255ではなく、0-1なので注意。
ChangeMaterial{
	MaterialID = integer (, integer )* ;//材質番号
	( Diffuse = float, float, float, float; )opt//拡散光の色をRGBA
	( Ambient = float, float, float; )opt//環境光の色RGB
	( Specular = float, float, float; )opt//鏡面反射光の色RGB
	( Emissive = float, float, float; )opt//自己発光の色RGB
	( Power = float; )opt//鏡面反射光の強さ
}
コピペ用
ChangeMaterial{
	MaterialID = hoge;
	Diffuse = 1.0, 1.0, 1.0, 1.0;
	Ambient = 1.0, 1.0, 1.0;
	Specular = 1.0, 1.0, 1.0;
	Emissive = 1.0, 1.0, 1.0;
	Power = 1.0;
}

2015年07月23日

フェードアウト

model-switch
   DefineSwitch "フェードアウト"{
    GroupCommon = "_fadeout";
    Entry = "なし";
    Entry = "1000m";
    Entry = "800m";
    Entry = "600m";
   }
   
customizer
   ApplySwitch "フェードアウト"{
   Case 1: If "_CAMDIST">1000{ ChangeModel = "", 1.0; }
   Case 2: If "_CAMDIST">800{ ChangeModel = "", 1.0; }
   Case 3: If "_CAMDIST">600{ ChangeModel = "", 1.0; }
   }
   

2015年07月23日

RS2,RS2K:ウィンドウサイズ変更

Config2.txtを開き、18行目を書き換え。
Device{
FullScreen = no;//フルスクリーン Yes or No
Resolution = hoge, hoge;//ウィンドウサイズ 横, 縦
RailMipMap = no;//レールのミップマップ Yes or No
TrainMipMap = no;//車両のミップマップ Yes or No
StructMipMap = no;//施設のミップマップ Yes or No
SurfaceMipMap = no;//地形のミップマップ Yes or No
}

※RailSim2 -k-buildの場合。
Config2k.txtを開き、20行目を書き換え。
Device{
FullScreen = no;//フルスクリーン Yes or No
Vsync = no;
Clipping = 0.25, 10000.00;
Resolution = hoge, hoge;//ウィンドウサイズ 横, 縦
MultiSample = 0;
Quality = 0;
RailMipMap = no;
TrainMipMap = no;
StructMipMap = no;
SurfaceMipMap = no;
}


サイズアスペクト比通称
640x4804:3VGA
800x6004:3SVGA
960x54016:9qHD
1024x7684:3XGA
1280x72016:9HD 720p
1280x9604:3QVGA
1600x90016:9HD+
1680x105016:10HD 720p
1920x108016:9FHD 1080p

2015年07月23日

RS2K:-k-buildの起動が遅い場合の解決法

実行ファイルの『RailSim2k.exe』又は『RailSim2k(32bit).exe』へのショートカットを作成。
作成したショートカットのプロパティを開きリンク先の最後に『 /ops』を追加。
例:"C:\RailSim2\RailSim2k.exe /ops"
※RailSim2k.exeと/opsの間には必ず半角スペースを入れること。


※参考 https://twitter.com/k_build/status/408212340606136320

2015年07月23日

RS2K:プラグインビュアー、プラグイン選択画面での回転速度変更、停止。

Config2k.txtを開き、59行目を書き換えることで回転速を変更することが可能。

Misc{
UseUndo = yes;//アンドゥのオンオフ
UndoMax = 32;//アンドゥ回数の上限値
AutoRotation = 5.00;//回転速度
}
※0.00で無回転。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。