--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年06月01日

RailSimの構文ファイルをプラグインビューア機能で開く方法その2

2.右クリックメニューの送るから開く。
右クリック→送る→RailSim...と3クッション必要なので、頻繁に利用する人には少し面倒に感じるかも。



●使い方:
Winキー+Rキーを押すと"ファイル名を指定して実行"が表示されるので、"shell:sendto"(OSがXPの場合、"sendto")と入力後「OK」をクリック。

pvr03.jpg

SendToフォルダが開くので、そこへRailSim2.exeへのショートカットを置く。

pvr04.jpg

●メリット:
準備が必要なものの、比較的簡単な手順で利用することが可能。

●デメリット:
構文ファイル以外でもRailSimが起動してしまうので注意が必要。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。