--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年06月01日

RailSimの構文ファイルをプラグインビューア機能で開く方法その4

4.右クリックメニューから開く。
個人的にはこの方法と『TeraPadから直接開く』の使い分けが最も作業効率が良いような。




●メリット:
構文ファイル以外のTextファイルで開くとエラーを返してくれるのでうっかりミスでも安心。

●デメリット:
使うまでの設定が面倒。
レジストリを弄るので、レジストリを綺麗に保ちたい潔癖症(?)な方には不向き。





●使い方:
今回はDefault Programs Editorというフリーソフトを使用します。
このソフトはVista以降のOS向けのようですが、「Windows XP Professional」で試したところ普通に動作したのでXP以前のOSでも動くでしょう。多分…

公式サイトの「Download Now」をクリック。




ダウンロードしたZIPファイルを適当な場所に解凍し、フォルダ内の「Default Program Editor.exe」を起動。




メイン画面が表示されたら「File Type Setting」をクリック。




次の画面では「Context Menu」をクリック。




拡張子リストから「.txt」を選択して「Next」をクリック。




「Add...」をクリック。




コンテキストメニューの追加画面が出るので「Command name」にRailSim2で開く等適当に入力。
「Browse」をクリックし、RailSim2.exeを指定。最後に「Next」をクリック。




RailSim2で開くが追加されたことを確認して「Save Context Menu」をクリック。




「OK」をクリック。




再びメイン画面に戻るので「Close」をクリック。




以上で準備は完了です。これで「.txt」ファイルを右クリックするとRailSim2で開くが追加されました。




因みに構文ファイル(※)以外のファイルで実行しようとするとこのようにエラーになります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。