--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年09月04日

にゃほたろう流SS加工術【流し撮り&吹雪】

-用意するもの-
・GIMP(最新バージョン)
・Layer Effects(GIMP用のスクリプト。予め導入しておく。)
KIAI←これ重要w
※導入方法は各自ググって。
※それっぽい機能があるペイントソフトなら代用可能だと思います。


0.
今回はこのSSを元に加工していきます。




1.
加工元のSSを開きレイヤーを2回複製。
上からボディー,ブラー,ベースにリネーム。
※レイヤー名は適当。




2.
"ブラー"レイヤーを選択して、[フィルタ→ぼかし→モーションぼかし]をクリック。
角度はレールやカラーリング境目などが真っ直ぐブレるように調節する。
ぼかしの種類:線形
長さ:10
角度:SS毎による




3.
"ボディー"レイヤー右クリックして、[レイヤーマスクの追加]をクリック。

レイヤーマスクの初期化方法:完全不透明(白)




4.
"ボディー"レイヤーのレイヤーマスクを選択して、車輌以外のところを黒色で塗りつぶす。(実際は透明になります)
つまり車両のみを残して、背景をバッサリ消し去るということです。
消し終えたら"ボディー"レイヤー右クリックして、[レイヤーマスクを適用]をクリック。
※必要に応じて下に単色のレイヤーを追加すると編集しやすいかもしれません。



5.
再び"ボディー"レイヤー右クリックして、[レイヤーマスクの追加]をクリックし、レイヤーマスクを作る。
レイヤーマスクの初期化方法:完全不透明(白)


6.
"ボディー"レイヤーのレイヤーマスクを選択して、ブレンドツールでグラデーションをかける。




7.
流し撮り風の完成。
これで流し撮り風加工の出来上がりなのですが、今回は吹雪風の加工も施します。




8.ノイズの作成。
レイヤーを一つ追加して"ノイズ"にリネームし、[フィルター→ノイズ→浴びせ]をクリック。
乱数種:適当
乱数度:25
繰り返し:1


9.輝度と彩度を調節して、ノイズを白色にする。
"ノイズ"レイヤーを選択して、[色→色相-彩度]をクリック
色相-彩度
色相:0
輝度:100
彩度:-100



10.ノイズの大きさを大粒にする。
"ノイズ"レイヤーを選択して、[Script-Fu→Layer Effects→Stroke]をクリック。
色:白 #ffffff
不透明度:100.0
Blend:Normal
サイズ:1
Position:50
Merge with layerにチェック



11.
ソリッドノイズの作成。
レイヤーを一つ追加して"マスク"にリネームし、[フィルタ→下塗り→雲→ソリッドノイズ]をクリック。
乱数種:適当
詳細:1
Xサイズ:8.0
Yサイズ:8.0



12.
"ノイズ"レイヤー右クリックして、[レイヤーマスクの追加]をクリック。
レイヤーマスクの初期化方法:完全不透明(白)


13.
"マスク"レイヤーをコピーして、"ノイズ"レイヤーのレイヤーマスクへ貼りつけ。




14.
"ノイズ"レイヤーを選択して、[フィルタ→ぼかし→モーションぼかし]をクリック。
ぼかしの種類:線形
長さ:お好みで。大体40くらい
角度:2.と同じ



15.
最終調整をします。
レイヤーを一つ追加して"調整"にリネームし、黒色で塗りつぶす。
"調整"レイヤーのレイヤーモードを標準からオーバーレイに変更する。
"ブラー"と"ボディー"レイヤーの彩度を少し下げる。


16.
吹雪風SSの完成。



ねっ簡単でしょ!
今回は吹雪でしたが、応用次第では大雨なども再現できると思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。